※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

クリスマスカードを手作り★百均マスキングテープで「りすとプレゼント」カード

元クラフト教室講師
元クラフト教室講師
このシリーズでは、身近にある100均ダイソーの材料でクリスマスカードを手作りしちゃいます!

今回は人気のマスキングテープを使った第三弾

第一弾と第二弾ではDAISOのマスキングテープをメインに使っていましたが、今回は一部に使ったクリスマスカードを作っていきます!

クリスマス柄の「りすとプレゼントとツリー」のフレークを使ったカードです!

今回はフレークを貼って、マスキングテープを貼るだけなのでとっても簡単です!

はぴま
はぴま
一緒に横について作ったら小さいお子様も一緒に楽しく手作りできるカードです♪

お友達へのプレゼントだけでなく、クリスマスパーティーの招待状として作ったカードを渡してみても素敵ですし、おじいちゃん、おばあちゃんにクリスマスカードを送っても、すごく喜ばれるでしょう!

この機会に是非、作ってみてくださいね。

↓マスキングテープ第一弾の「ツリーのカード」はこちらから

↓マスキングテープ第一弾の「リースのカード」はこちらから

クリスマスカードを手作り★百均マステで「りすとプレゼントとツリー」のカード

☆マスキングテープで作ったりすとプレゼントのカード☆

全て100均DAISOの素材を使って制作しました。作り方の動画を撮ってみたので、良かったら参考に作ってみてください。

動画では、作業がサクッと進むように速度を速めているところがあります。

それがかえってわかりづらくなってしまっていたら、すみません…。

画質、ブレ、その他諸々…、動画については研究中です・・・。

動画についてはまだまだ改善の余地がありそうですが、この動画を見ていただけたら大体の流れはつかんでいただけると思うので、良かったらこれを参考に作ってみてくださいね☆

材料

材料は全て100均(今回はALLダイソー商品です!)で買えるものを選びました。

  • マスキングテープ‥(カード台紙の飾りに赤のドット柄マステ、「クリスマス文字」の金色のマステで合計2本使用しています)
  • 色画用紙‥  今回はくすみカラーを選びましたが、お好みの色をお選びください
  • 白画用紙‥  中台紙用に使用します。
  • 絵柄のフレーク‥1パックに紐でガーランドの様に繋がった商品を、バラして使いました。
  • 紐(お好みで)‥  今回は、絵柄のフレークに入っていた紐を使用しました。

道具

  • ハサミ‥切れればなんでもOKです!
  • のり‥  テープのりを使用します。動画ではコクヨのグルードットを使用していますが、100均ダイソーにもテープのりが売られています!ちなみに私は、以前から使っているコクヨのグルードットを動画でも使っています。液体ののりでは接着に時間がかかるものが、テープのりだとすぐに張り付いてくれるので、作業がサクサク進んで便利です!クラフト以外でもかなり便利に使えるので、うちでは必ずストックしてます(笑)
    100均のテープのりでもいいのですが、写真を劣化させにくいアシッドフリー なので、私はコクヨのドットライナーをずっと愛用しております。スクラップブッキングやスクラップブック、アルバムに写真を糊で貼り付けたい方には、このアシッドフリー の製品がオススメです!

    コクヨ テープのり のり ドットライナー 本体 強粘着 タ-DM400-08
  • ペーパートリマー(もしくはカッター&カッターマット&定規)‥紙を切るペーパートリマーはダイソーにも売られているので、そちらで代用していただけるかと思います。名前はペーパーカッターで、300円の物(水色)と、分度器がついた500円の物(黒)がありました。100均で売られながらも100円ではないですが、私が以前購入したペーパートリマーに比べると、お値段めちゃめちゃ破格でびっくりしました!!

今回こんな道具を使って作りましたが、これでなくてはいけないわけではありません!

手作りカードでは写真を貼ったりしなければアシッドフリーなどにこだわる必要もないので、ご家庭にある道具で手作りを楽しんでくださいね

まとめ

もしもフレークをハサミでカットする作業が苦手なお子様は、大人の方が切ってあげて、カード台紙に貼る作業をお子様にやってもらうだけでも十分に楽しめると思います!

自分で貼った手作りカードは、お子様にとっても自慢の一枚となることでしょう。是非、お友達やおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしてみてくださいね♪

今回はリスとプレゼントとツリーの絵柄のフレークを使用しましたが、お好みで好きな絵柄のものを使ってオリジナルカードにしてみてください♡

世界で一つのカードを、是非手作りしてみてくださいね。

関連記事

最初のコメントをしよう

必須