クリスマスカードに何を書く⁉︎英語・日本語の定番から相手別まで文章例&注意点

クリスマスカードを送り合うのは欧米では一般的な習慣ですが、日本でもクリスマスシーズンにカードを送る人が増えてきています。

具体的にどんな内容を添えて送るのが望ましいのでしょうか?

英語、日本語での文章例や注意点をご紹介します。

クリスマスカードにはやっぱり英語の文章!何を書く?&メッセージの意味

可愛いイラストや装飾が施されたクリスマスカードにはやはり英語の文章をカッコよく書きたいですよね!シーンに合わせた色々な表現を見てみましょう。

「Merry Christmas」メリークリスマス

クリスマスの挨拶としてもっとも一般的で有名なメッセージです。「楽しいクリスマスを」や「クリスマスおめでとう」という意味です。みんなでクリスマスを楽しもう!という明るい挨拶です。

「Happy holidays」良い休日をお過ごしください

「メリークリスマス」の言い換えとして、「ハッピーホリデイ」というフレーズもあります。クリスマスはキリスト教の祭礼ですので、海外ではキリスト教を信仰していない人への配慮として「良い祝日を過ごしてください」という意味を込めて「Happy horidays」という表現の方が一般的でもあります。

「Season’s greetings」時候のご挨拶を申し上げます

「Happy holidays」と同様に、相手の信仰する宗教を気にせずに使える表現です。口頭よりもメール等で使われることが多く、ビジネスシーンや目上の方への挨拶にも適しています。

「Happy New Year」ハッピーニューイヤー

ジョン・レノン&オノヨーコのクリスマスソングである「Happy Xmas(War Is Over)」という曲の中でもあるように、メリークリスマスと同時に新年の到来をお祝いする気持ちを込めて「Happy  New Year」もよく使われます。日本の年賀状は新年が明けてから「おめでとう」と伝え合いますが、「良いお年を」という意味を含むので年が明ける前に使うのが一般的です。

キリスト教徒ではない相手へのクリスマスカードの文章は何を書く?

キリスト教徒以外の人には「Merry Christmas」と書かれたクリスマスカードは送りません

「Happy Holidays」だとどんな宗教の人にも送ることができます。

クリスマスカードに何を書く?【日本語の定番文章】

英語のメッセージだけでなく、日本語のメッセージではどんなことを書けばいいよでしょうか?

よく使うクリスマスメッセージ【定番の文章】

  • Merry  Christmas ! 素敵なクリスマスをお過ごしください。
  • 今年1年の感謝の気持ちを込めて送ります。Merry Christmas !
  • Happy Christmas ! みなさまのご健康とご多幸をいつもお祈りしています。

 【新年の挨拶】を兼ねたクリスマスメッセージの文章

  • Merry Christmas and Happy New Year !
  • メリークリスマス!そして最高の一年になりますように。
  • メリークリスマス&新年おめでとうございます。素晴らしい年になりますように。
  • メリークリスマス!新年のご多幸をお祈り申し上げます。

クリスマスカードに何を書く?【相手別の文章】

せっかくのクリスマスカード。少々恥ずかしくても大丈夫。日頃伝えきれていない気持ちを素敵なデザインのカードに添えて素直に伝えてみましょう!

友人・知人へのクリスマスメッセージ

  • 少し早いけれど、メリークリスマス!ささやかだけどプレゼントを贈ります。気に入ってくれると嬉しいな。
  • いつも仲良くしてくれてありがとう!

恋人へのクリスマスメッセージ

  • 大好きな〇〇へ メリークリスマス!これからも一緒にクリスマスを過ごそうね。
  • Merry Christmas ! 〇〇といられて幸せです。いつもありがとう。これからもよろしくね!

パートナー(夫・妻)へのクリスマスメッセージ

  • メリークリスマス!いつもお仕事お疲れ様。そしてありがとう!
  • いつも美味しい食事をありがとう!これからも一緒にクリスマスをお祝いしようね!
  • Season’s greetings ! これからも2人で支え合っていこうね。今年もお疲れさま。

親(両親・義両親)へのクリスマスメッセージ

  • いつも子ども達のお世話をしてくれてありがとう。感謝しています。
  • メリークリスマス!寒い日が続きますがお変わりないですか。お体大事にしてください。お正月に会えるのを楽しみにしています。

子どもへのクリスマスメッセージ

  • 〇〇ちゃんへ メリークリスマス!良い子にしていたらきっとサンタさんは来てくれるよ。寒いけど風邪をひかないようにね。
  • メリークリスマス!サンタさんより先にプレゼントを届けるね!

お世話になっている人へのクリスマスメッセージ

  • 今年もお世話になりありがとうございました。まだ寒い日が続くようですが、穏やかなクリスマスを迎えらえれるよう心からお祈りします。
  • 1年の感謝を込めて。どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください。また、良いお年をお迎えください。

仕事先へのクリスマスカードに何を書く?【仕事先相手別の文章】

ビジネスの取引先にクリスマスカードを送ることで良好な関係を築いていきたいという気持ちを伝えることもできます。デザインはシンプルかつ上質なものを選び、宗教色は控えましょう

同僚・会社の人に送るクリスマスメッセージ

  • Happy holidays and best wishes for the new year !
  •  今年もお疲れ様でした。〇〇さんと一緒に仕事ができて楽しかったです。来年もよろしくお願いします。
  • Merry Christmas ! いつも仕事の相談に乗ってくれてありがとう!来年も一緒に頑張ろうね!

上司・先輩・先生など目上の人へのクリスマスメッセージ

  • Season’s greetings. いつも優しくサポートしてくれてありがとうございます。大変勉強になりました。来年もよろしくお願いします。素敵なクリスマスと良いお年をお迎えください。
  • Happy Holidays. 本年は大変お世話になりました。来年もご指導のほどよろしくお願い致します。

部下・後輩・教え子など目下の人へのクリスマスメッセージ

  • Merry Christmas ! いつも頑張っている〇〇へ。ささやかなプレゼントです。
  • 今年一年、よく頑張ったね!お疲れさま!
  • メリークリスマス!陰ながら応援しています。

取引先へのクリスマスメッセージ

  • Happy Holidays ! いつもお世話になっております。来年も何卒よろしくお願いいたします。
  • Season’s greetings. 貴社のご助力には社員一同大変感謝しております。来年も何卒よろしくお願いいたします。素敵なクリスマスをお過ごしください。

お客様へのクリスマスメッセージ

  • Happy  Holidays !本年中のご愛顧、誠にありがとうございました。素敵なクリスマスをお過ごしください。
  • Happy Holidays ! いつもご来店ありがとうございます!今年も〇〇様にとって素敵なクリスマスになりますように。

コロナで会えない人へのクリスマスメッセージ

  • Merry Christmas !お久しぶりです。なかなか会えないけれど、落ち着いたらまた食事にでもいきましょう。
  • コロナに負けずに元気で過ごしてくださいね!来年こそは会えることを願っています。メリークリスマス!

英語圏の外国人へのクリスマスメッセージ

  • A Christmas Greeting from the heart. (心を込めてクリスマスのご挨拶をいたします)
  • Happy Christmas ! Hope you are happy and smiling. (メリークリスマス!あなたが幸せで、笑顔でいられますように)
  • Have a wonderful holiday ! (良い休日をお過ごしください)
  • Wish best wishes for Christmas and a Happy New Year. (クリスマスと新年のお祝いを込めて)

クリスマスカードの文章を書く時の注意点

心を込めたメッセージが書かれたクリスマスカードならきっと受け取った相手も喜んでくれ、心が温まるでしょう。ただし最大限の注意点は守りましょう。

クリスマスカードの文章の書き方

自分や相手が喪中であっても、クリスマスカードを送ってはいけないという決まりはありません。ただし、相手の心理状況をできるだけ把握した上での配慮は必要です。事前にカードを送っても大丈夫かを尋ねておくのも一つですし、文面や絵柄などは検討するようにしましょう。

クリスマスカードを送付する期間

クリスマスカードはクリスマス(12月25日)に合わせて送るというものではないようです。アメリカでは11月の第四木曜日にあたるThanksgiving Day(感謝祭)ごろから12月上旬に届くように送ります。

なぜクリスマスより前に届くように送るかというと、11月下旬頃から受け取ったプレゼントやクリスマスカードを眺めながらクリスマスの日を待つというのが習慣になっているからだそうです。

日本での「も~い~くつね~る~と~お正月~」のように、欧米でもクリスマスはシーズンに入ってから当日までを楽しく過ごしているのですね。

相手の宗教

クリスマスとはイエス・キリストの生誕を祝うキリスト教の祭礼です。

日本人は比較的宗教に対するこだわりが薄い民族と言われていて、宗教にまつわる様々なイベントにも抵抗なく楽しむことができますが、そうでない人もいます。

「クリスマスカード」という呼び方は避けて「グリーティングカード」とすることもできますので、カードを送る相手の信仰する宗教がわからない場合はできる限り配慮することを心に留めておきましょう。

まとめ

クリスマスカードは一年間の感謝の気持ちを表し、新年の挨拶を伝えるのにとても適しています。

素敵なカードを選び、相手のことを想いながら心のこもったメッセージを添えましょう。

相手がキリスト教徒ではない宗教を信仰している場合は、Merry Christmas という表現は控え、Happy Holidays. や Season’s greetings. という文面にして相手への配慮の気持ちを忘れずに。

慌ただしく過ぎ去ってしまう時期でもありますが、時にはゆっくりと時間を取って大切な人に日頃伝えられない気持ちを書いて送ってみるのもいいですね